2014.09.20 配信
アイコンsoudan2.png
≪委託契約書≫
【委託契約書の基本ルール】 

 

 産業廃棄物の処理を委託する際には、委託契約書を締結する必要があります。委託契約書には記載事項や委託対象に関してさまざまなルールが定められていますが、基本となるルールは『処理委託の前に契約する』、『書面で契約する』、『契約終了日から5年間保存する』の3つです。

 

@処理委託の前に契約する

 委託契約は産業廃棄物の引渡し前に契約します。事前に委託先の業者の許可などを確認してから委託することが適正処理へとつながります。

 

A書面で契約する

 委託契約は書面で契約しなければなりません。記載事項は廃棄物処理法により定められています。

 ※e-文書法などの法律に基づいて電磁的に作成、保存することも可能

 

B契約終了日から5年間保存する

 委託契約書には、契約終了日から五年間の保存義務があります。契約が終了したからといって安易に契約書を破棄してはいけません。


図:廃棄物処理法における基本ルールの根拠

基本ルール 廃棄物処理法における根拠
@処理委託前に契約する 【廃棄物処理法施行令 第六条の二第四号】
委託契約は、書面により行い、当該委託契約書には、次に掲げる事項についての条項が含まれ、かつ、環境省令で定める書面が添付されていること

※廃棄物の引渡し時点で委託契約が締結されていないことは、基準に違反していることになります
A書面で契約
する
B契約終了日
から5年間保存する
【廃棄物処理法施行令 第六条の二第五号】
前号に規定する委託契約書及び書面をその契約の終了の日から環境省令で定める期間保存すること

【廃棄物処理法施工規則 第八条の四の三】
令第六条の二第五号 (令第六条の十二第四号 の規定によりその例によることとされる場合を含む)の環境省令で定める期間は、五年とする

 

 基本ルールは、産業廃棄物の処理委託時に限らず一般的に契約書として当然必要となる内容です。処理を委託した後ではなく事前に締結すること、口約束ではなく書面で取り交わすこと、契約開始日ではなく終了日から五年間保存することが義務として定められています。

 

メニューへ戻る

 


◆ユニバースでは、契約書のチェック業務を承っております。

 

◆処理委託の契約書についてお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ!
  株式会社ユニバース tell:03-6809-2581 mail:consul@universe-corp.jp
▲このページのトップに戻る