2014.10.27 配信
アイコンsoudan2.png
≪電子マニフェスト≫
【Q.ASPサービスを利用するメリットは?】

 

 A.産業廃棄物だけでなく、一般廃棄物や有価物なども総合的に管理できます。


 ASPとは、アプリケーションサービスプロパイダの略です。インターネット接続があれば、専用プログラムのインストール等の必要なく利用できるサービスです。また、JWNETの「情報処理センター」とASPをマニフェスト情報の送受信が出来るようにつなぐことをEDI接続といいます。

 

図:ASPサービス利用イメージ

ASPメリット2.png

 

 ASPサービスを利用する最大のメリットは産業廃棄物の情報以上の多くのデータを管理出来ることです。

 JWNETでは基本的にマニフェストを交付する産業廃棄物に関する情報しか登録できません。

 ASPサービスには提供する業者によっていろいろな機能があります。

 ASPサービスの多くは産業廃棄物だけでなく、有価物や一般廃棄物等のデータも登録・管理することが出来ます。さらに、契約書の保存・管理を行えるASPサービスや、中には電子契約を行う機能を提供しているものもあります。

 

 

メニューへ戻る

▲このページのトップに戻る