2014.11.08 配信
アイコンsoudan2.png
≪マニフェスト≫
【Q.売却益≦運搬費の時マニフェストはどうすればいい?】

 

 A.紙マニフェストと電子マニフェストそれぞれに対応の仕方があります。

 

 売却益≦運搬費の時、運搬中は不要物を有価物として扱えず、総合的に判断する必要があります。

 その結果運搬時は不要物を産業廃棄物として扱う場合、マニフェストの交付が必要になります。

そのような場合の対応として、紙マニフェストと電子マニフェストそれぞれの運用の仕方があります。

 

図:売却益≦運搬費の場合想定される状況

想定される状況.png

 

@紙マニフェストの場合

 A票、B1票、B2票のみ使用します。処分に係るC1票以降は、売却先の事業場では産業廃棄物ではなく有価物となるため不要となります。

 

A電子マニフェストの場合

 電子マニフェストの場合、売却先の事業場は産業廃棄物処分業者ではないため、処分完了の報告を行う必要がありません。

 このような場合の為にJWNETには「報告不要業者設定」というものがあります。

■報告不要業者設定の運用方法

  1. まずメニューの環境設定から表示項目設定を選択し、確認事項に同意の上、報告不要業者の項目を使用できるようにします。
  2. メニューの基本設定の報告不要業者から報告不要業者として売却先の事業場を登録します。
  3. 報告不要業者の登録が完了したら新規登録の画面から必要事項を記入します。
  4. 処分業者の登録の際に一覧で「報告不要業者」にチェックを入れることで、売却先の事業場を選択することが出来るようになります。

 処分業者を報告不要業者に設定して電子マニフェストを登録すると下図のように処分と最終処分に●がついた状態になり、マニフェストとしては運搬の完了報告のみを確認すればよいというようになります。

 

図:電子マニフェスト「報告不要業者設定」を使用した場合

電マニ報告不要業者.png

 

 

メニューへ戻る

▲このページのトップに戻る