ISO14001に関するセミナー

  ISO14001を認証取得している組織の多くは、ISOを認証取得している意義を組織内から

 疑われてしまったり、あるいはISO14001のためだけに行う取組みばかり増えてしまい

 現場の負担が増大しているだけになってしまったりといった問題を抱えています。

  高い費用を払いせっかく認証取得しているISO14001が、有効性の低いまま運用されているのは

 非常にもったいないと思いませんか?

  当セミナーでは、この「運用をより効果的なものとする」ために知っておくべき

 ISO14001が持つ特性や、ISO14001の理解を妨げる、嫌われやすくなるポイントを

 押さえることで、真にISO14001を有効に利用するための秘訣を教えます!


 ◆◆セミナー内容◆◆◆

  1.ISO14001:2015年版規格改訂の狙い

    〜規格改訂はISO14001が抱える問題点を解決するため〜

  2.ISO14001が嫌われやすくなる4つのポイント

    〜ISO14001の有効な運用を妨げるものはこれだ〜

    A. 環境マネジメントシステムの目的が正しく理解されていない

    B. 規格要求事項が正しく理解されていない

    C. EMSの適用範囲が組織の実態に即していない

    D. マニュアル(運用ルール)の作り方が悪い

  3.ISOの見直しはいつでもできる

    〜2015年版改訂対応が完了した組織も、そうでない組織も〜

  ※セミナーの構成上、見出しを変更する場合がございます。御了承ください。

 

 ◆◆セミナー概要◆◆◆

  ◇セミナー日程:

   2017年4月18日(火) 14:00〜16:30 

  ◇会場:スタンダード会議室 虎ノ門ヒルズFRONT店 2Fホール

  ◇受講料:5,000円(税込) 初回無料


 ◆◆講師紹介◆◆◆

  

  子安 伸幸(こやす のぶゆき)

 

  岐阜県出身。千葉大学工学部卒。

  株式会社ユニバース主任コンサルタント。

  IRCA登録 環境マネジメントシステム審査員補(6026606)。

  ユニバースの立ち上げを主導した。論理的な解説と聴き手を意識した熱意のある話術には定評がある。

  これまでISO14001の2015年改訂に伴うコンサルティングを20社以上請け負い、改訂に伴う基本的な

  変更だけでなく、各社のEMSがより効果的に運用されるために必要な施策を提言してきている。

 

  ◆お申し込みは下記のフォームよりお願い致します。

お名前(必須)

(例:山田太郎)
お名前(フリガナ)

(例:ヤマダタロウ)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
会社名(必須)

(例:山田商事株式会社)
会社名(フリガナ)

(例:ヤマダショウジカブシキガイシャ)
郵便番号(必須)

(例:123-4567)
半角でお願いします。
都道府県(必須)

(都道府県を選択して下さい。)
住所(必須)

(例:豊島区東池袋1-1-1)
TEL(必須)

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
FAX

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
部署名(必須)

(例:営業部)
役職

(例:部長)
セミナーを知ったきっかけ
弊社ホームページ
弊社メルマガ
DM
知人・会社からの紹介
インターネットで検索
セミナーポータルサイトから
その他
(その他の場合、よろしければ最後コメント欄にご記入ください)
ご要望・ご質問はこちらへどうぞ
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

▲このページのトップに戻る