産廃教育

ユニバースの産廃教育は、お客様のこんなご要望にお応えします!

社員教育の一環として、排出事業者のリスクを従業員に理解してほしい
実務担当者として、法律のグレーゾーンに対する考え方を知りたい

ユニバースのここが違う!1

講師は、書籍の著者であり、年間50件以上のセミナー講師を務めるスペシャリストです。
講師写真1.png

◆子安 伸幸
株式会社ユニバース 環境主任コンサルタント

岐阜県出身。千葉大学工学部卒。

株式会社ユニバース主任コンサルタント。

ユニバースの立ち上げを主導した。

セミナー講師やeラーニングへのコンテンツ提供など、延べ4000人以上にプレゼンテーションを行いクライアントの環境意識を高めている。

廃棄物削減やリスク管理などのコンサルティング業務における戦略的な問題解決手法に定評がある。

 講師写真2.png ◆白石 遼
株式会社ユニバース 環境コンサルタント

 大阪府出身。大阪府立大学人間社会学部卒。

株式会社ユニバース環境コンサルタント。

グループ企業内において、廃棄物処理業の実務を経験した後ユニバースに合流。

廃棄物に関する企業内セミナーや、環境教育セミナーなどをメインに手掛けている。

廃棄物のルールや環境問題などを平易に解説するセミナーで多くの参加者に好評を得ている。

ユニバースのここが違う!2

わかりやすく、実務にも使えるオリジナルテキスト!
ハンドブック目次051102.png

 

ハンドブック詳細・注文はこちら

ユニバースのここが違う!3

必要な部分のみにカスタマイズ出来るオリジナルメニュー 
※下記は産廃教育メニューの一例です。その他、記載のない事項は別途ご相談ください。
産廃教育メニュー 詳細
不法投棄と企業リスク もし、不適正処理に巻き込まれたら…
廃棄物の区分 一廃と産廃、廃棄物と有価物などの判断基準
処理・リサイクルの流れ 基本的な処理のフローを理解する
行政の管理体制 環境省、産廃行政特有の区割り行政
契約書の実務 処理委託契約書はどのように作成・チェックするか
マニフェスト マニフェストの目的と具体的な運用実例
電子マニフェスト JWNETを利用した電子マニフェストの運用方法
ASPを利用した管理体制 電子マニフェストの利用を前提としたASP活用
法令改正の動向 これまでの改正の流れ、直近の改正、今後の改正
産廃違反事例と対応策 何の違反が摘発され、どのように対処するべきか
石綿(アスベスト)の実務 石綿を含む産業廃棄物の特別ルール
(4.5時間の石綿教育)
広域認定制度の運用 認定者、認定する者への委託者の立場の違い
多量排出事業者 多量排出事業者に求められる義務と対応の実例
排出事業者は誰だ 処理責任を負う“排出事業者”の判断
特別管理産業廃棄物 PCB管理など、特管産廃に必要な管理義務
地方条例による規制 各行政区が独特に定める義務
その他廃棄物関連法規 各種のリサイクル法(建設・家電・容器包装など)
フロン・放射性物質など、廃棄物でない不要物の対応
大気・水質など公害関連法規と廃棄物処理法の関係

ユニバースのここが違う!4

受講時間や人数に応じて、教育内容をご提案させて頂きます。
例えば…
<ケース@>
 ・1時間30分程度のセミナーで、受講人数を10人程度。
 ・産廃の契約書に関して、実務に沿った内容のセミナーを2時間程度で行いたい etc… 
という要望をお持ちの方には講師派遣をオススメ致します!
ユニバースの産廃入門セミナーを…という方にはこんなパックもございます! 
 
<ケースA>
・社員教育を実施したいが、担当者が一カ所に集まるには交通費や時間がかかる…
・受講者の理解度を研修担当で明確に把握したい…
という要望をお持ちの方には、e-ラーニングをオススメ致します!

詳細情報はこちらのリンク先から!→ ハンドブックリンク02.png

ご利用料金、内容に関して詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください!

▼▼▼電話でのお問い合わせ▼▼▼

TEL:03-6809-2581

受付時間: 9:00〜18:00(平日のみ)

 

他にも、ユニバースではこのようなサービスをご用意しています。

ハンドブックリンク.png
セミナーリンク.png
▲このページのトップに戻る